学習塾を西尾市でお探しなら「StudioM」子供英会話も運営しております。

新着情報

子供達が危ない! -ゲームの危険性と読書の必要性

2017/04/11

以前主人と一緒にNHKの「人体」に関する番組を見ていたら興味深い話題がありました。

人間の能力は使う頻度が高いと、特化してその能力が発達するということです。

故に、アスリートには毎日練習が必要になり練習すればするほど、走る能力だったり、投げる能力だったり、使う頻度が高い能力は、どんどん発達するのです。

 

そこで私たち夫婦が考えたのが、ゲームの危険性。

毎日長時間ゲームをしていると、「反射神経」が特化して発達します。 そして(このことも番組の中で紹介されていましたが)ある能力があまりに発達するとその能力を有効に使うために、体の中にバイパスができて、本来すべき活動をとばして、 その能力だけがますます発達してしまうそうです。

 

「反射神経」が特化して発達すると・・・(これは私たち夫婦の考えなのですが) ある課題に出会うと、「じっくり考える」という活動がとばされてすぐに、体が反応して、結果を出そうとするのではないかと思うのです。

だからゲーム好きの今の子供達は問題を解く際に、じっくりと考えることができずすぐに結果を出したいので、「わからん。答え教えて」となるのではないかと・・・

 

漢字の書き取りや計算問題は、熟慮すると言うよりは練習によって、すぐに一つの答えが出ますよね。 だから、漢字の書き取りはそこそこできても国語の読解問題になるとさっぱり・・・ 計算問題はできるけど、算数の文章問題や図形はお手あげ・・・と言う子が増えているのではないかと、思うのです。

 

そしてニュースでも子供達の読書離れの弊害として「自分の意見がもてない」子が増えていると言うことがあげられていました。

ゲームによって反射神経がすごく発達して熟慮する力が後退している子供達は読書をしても「文字を読んでいる」にすぎない状態の子が多いと思います。

かかれている内容を自分に引き寄せて考えたり文章に書かれている情景を頭の中で絵にすることができない子が増えていると思うのです。

 

DVDやテレビばかりを見ていると、自分で考えなくても絵が出てくるし、俳優さん、声優さんが感情をちゃんと見せてくれるので自分で考えて、ストーリーを味わうことは必要がなくなってしまうのではないかと思うのです。

だから・・・ ゲームを与えるのは、遅ければ遅いほどよいと思います。

 

(YouTubeも然りです)幼少期からゲームを与えるのであれば、使用時間を親が管理する必要は絶対にあると思います。

そして、未就学の子なら1日10分、小学校低学年なら20分、高学年なら30分でよいので本を読む時間を作ってほしいと

 

毎日文字を読んで、その内容が自分の心の中で絵になる時間を作ってほしいと思います。 お子さんの学力Upに関心のある保護者の皆さん。改めてゲームの危険性と読書の必要性を考えてみてくださいね。

pageback

教室リスト

  • こどもえいご 幼児・小学生
  • 学習塾 幼児・小学生
  • 学習塾 中学生

Tel:0563-73-6032/メールで問い合わせ

Information

Information

西尾市のStudio M(スタジオ・エム)は、園児~小学生向けの学習塾&子供英会話教室と、園児~中学生向けの学習塾です。

英語教室・学習塾 Studio M
〒444-0427
愛知県西尾市一色町赤羽内川4番地
●休校日 日曜日
●電話受付時間 9:00~21:00
※教室中はお電話に出ることができません。折り返しお電話させていただきますので、ご了承ください。お急ぎの方は、メールにてお問い合わせください。
  • TEL:0563-73-6032
  • メールで問い合わせ

ページの先頭へ