学習塾を西尾市でお探しなら「StudioM」子供英会話も運営しております。

新着情報

褒めると満足して勉強しないけど、怒るとやるんです・・・どうしましょう?

2017/04/18

教室生のお小学生のお母様から

「子供への接し方についていろいろ考えています。 褒めて育てると言いますが、褒めると満足してしまうのかそれ以上やりません。怒ると『ヤバイ』と思うのかやります。でもこのままでいいのでしょうか?」 というご相談を受けたことがあります。

私の答えを皆さんとシェアしたいと思います。

 

まず勉強に関してですが、

「褒めると満足するのかそこで止まってしまい、怒るとヤバイと思うのかやる。」 ということでしたね。

勉強はやってくれたほうがいいので怒ってでもやらせたほうが良いのか…?という疑問がまず頭に浮かびますよね。

「勉強をやる」ということにお母さんが満足するなら、怒ってでもやらせたほうが良いと思われるかもしれません。

でもそうすると「勉強」=「仕方なくやるもの」「やらされるもの」という図式がお子さんの中に出来てしまいます。

よく「小学校の時は勉強していたのに中学校に入ったら全くやらなくなっちゃって」というお母さんのお話を聞きます。

こういうお子さんは

「小学校の時は勉強をやらされていたからやった。でも中学に入ったらお母さんはもう僕の勉強を見ることはできないので、やらされなくなった。だからやらない。」のです。

だから、怒ってでもやらせたほうが良いのでしょうか?と聞かれれば、私は別の方法を考えましょう、とお答えします。

でも褒めると満足しちゃってそこでやめちゃうんです… とおっしゃいましたよね?

お母さんは何を褒めていますか?「結果」のみを褒めていることが多いのではないでしょうか?

「テストでいい点を取ったからえらいね。」「百点取ったんだ~ えらいよね。」という具合に。

だからそこで満足してしまうのではないでしょうか?

褒めポイントは、結果ではなくてその「過程」だと私は思います。

「宿題早く終わったんだね。頑張ったね。」

「宿題がさっさと終わると気持ちがいいでしょ?」

「毎日ちゃんと勉強すると、よくわかるようになるよね? わかるようになると気持ちがいいでしょ?」 「ずっと気持ちがいいと嬉しいよね。 次も頑張るともっとわかるようになってもっとできるようになるよ。」 「できるようになるとず~っと気持ちがいいよね。」

「キミが気持ちがいいと、お母さんも嬉しいな。」

というふうに、「できるようになると気持ちがいい」というところに重点を置きましょう。

だから「毎日勉強をするといいんだよ。」 「毎日頑張っているキミを見るとお母さんも嬉しいんだよ。」 と次につなげるほめ方をしてみてはどうでしょうか?

そして毎日の生活のリズムを一度見直してみると良いと思います。

毎日決まった時間に勉強をスタートさせて、決まった時間になると勉強はするものなんだという習慣をつけることが大切です。

一日のスケジュール表を作り、目につくところに貼りまくりましょう。

そして勉強の時間になったら、お母さんも一緒に机に向かいましょう。

勉強をチェックするのではなくて、新聞や雑誌を読んだり読書したりしましょう。

できれば食卓で勉強すると良いですね。

勉強は自室でするもの…これは、もっと学年が上がってからで良いです。(中学生になってからで良いです) 食卓で気楽に勉強してもらいましょう。

ゴールデンウィークの間にお子さんと話し合ってスケジュール表を作ってみてくださいね。

 

pageback

教室リスト

  • こどもえいご 幼児・小学生
  • 学習塾 幼児・小学生
  • 学習塾 中学生

Tel:0563-73-6032/メールで問い合わせ

Information

Information

西尾市のStudio M(スタジオ・エム)は、園児~小学生向けの学習塾&子供英会話教室と、園児~中学生向けの学習塾です。

英語教室・学習塾 Studio M
〒444-0427
愛知県西尾市一色町赤羽内川4番地
●休校日 日曜日
●電話受付時間 9:00~21:00
※教室中はお電話に出ることができません。折り返しお電話させていただきますので、ご了承ください。お急ぎの方は、メールにてお問い合わせください。
  • TEL:0563-73-6032
  • メールで問い合わせ

ページの先頭へ