学習塾を西尾市でお探しなら「StudioM」子供英会話も運営しております。

新着情報

活字を読みましょう。

2019/04/22

活字を読みましょう!

小学生の学習塾では、ゴールデンウィーク前までは前の学年の総復習をしています。

今だと2年生の子は1年生の学習内容を総復習しているところです。

彼らを見ていて強く感じることは・・・

「活字を読んでいない」こと 「余り深く考えず反射的に答えを見つける」こと。 の二つです。

「活字を読んでいない」とはどういうことか?

漢字の書き取りプリントの実際の彼らの解答をあげてみましょう。

小川 → しょうかわ こがわ

岩石 → いわいし いわせき

出場 → でじょう しゅつば でば

売店 → うりみせ

親友 → ともだち

などなどの解答が出てきます。

ネタではありませんよ。 実際の解答です。

 

この解答を見て感じることは彼らが日常生活の中で「ちゃんとした文章を読んでいない」ということです。

学校の先生をはじめ教育に携わる多くの人が「本を読みましょう。」と子ども達に言うのは、 「ちゃんとした文章を読んで、読み書きの知識を増やしてほしい」からです。

学校の教科書の文章が、彼らが触れる唯一の活字の文章である可能性が高いです。

故に、教科書に出てきた読み方、使い方以外の読み方が解らないのです。

絵本であったり、児童文学であったり、子ども新聞であったり毎日少しでいいから、活字のちゃんとした文章に触れることで上記のような間違いは激減すると思います。

ぜひ、毎日活字の文章を読む習慣とつけてほしいと思います。

 

「余り深く考えず反射的に答えを見つける」

どういう事かというと 先ほどの 「小川」という漢字 小という感じを見てパッと頭に浮かぶのが「しょう」と言う読み方 それに「かわ」という読み方の漢字がくっついているから「しょうかわ」と読み仮名を振ってしまう。

問題文の前後から考えれば、「おがわ」という読み方が頭に浮かんでも良さそうなのですが、問題文を読んでも余り深く意味を考えずに反射的に頭に浮かんだことを解答欄に書いてしまうのです。

「小川」を「おがわ」と読むという体験や知識が乏しいせいもあるかもしれません。

 

普段ゲームばかりしていると、画面に出てきたものを見て反射的にボタンを押してクリアするとう習慣が付いてしまうのだと思います。 ゲームを頭ごなしに否定するつもりはありませんが暇さえあればゲームに手が伸びると言う状態を作るべきではないと思います。

 

お子さんが小さければ小さいほど、ゲームをする時間の管理が必要だと思います。

学年が変わり、新しいスタートを切ったこの時期

●活字を読む習慣をつけること

●ゲームの時間管理をしっかりすること

以上の2点を実行してほしいなと思います。

 

#小学生 #学習塾 #漢字学習 #ゲーム

pageback

教室リスト

  • こどもえいご 幼児・小学生
  • 学習塾 幼児・小学生
  • 学習塾 中学生

Tel:0563-73-6032/メールで問い合わせ

Information

Information

西尾市のStudio M(スタジオ・エム)は、園児~小学生向けの学習塾&子供英会話教室と、園児~中学生向けの学習塾です。

英語教室・学習塾 Studio M
〒444-0427
愛知県西尾市一色町赤羽内川4番地
●休校日 日曜日
●電話受付時間 9:00~21:00
※教室中はお電話に出ることができません。折り返しお電話させていただきますので、ご了承ください。お急ぎの方は、メールにてお問い合わせください。
  • TEL:0563-73-6032
  • メールで問い合わせ

ページの先頭へ