学習塾を西尾市でお探しなら「StudioM」子供英会話も運営しております。

新着情報

「できる」ようになるためには

2019/05/14

「できる」ようになるためには

教室がある地域の小学生・中学生達は、小学校3年生か4年生になると宿題で「自主学習」「自主勉」なるものが出されます。 どの教科をどのように学習しても良いそうで一日一ページ ノートに「自主勉」をして、翌日提出するようです。

 

私はこの「自主勉」なるもの、とっても無責任でムダの多い学習だと思っています

小学3年生に 「どの教科をどうやって勉強してもいいから1日1ページノートに書いて出しなさい。」と先生に言われて子供たちが適切な学習が出来るでしょうか?

ほとんどの子が、理科や社会の教科書を「まとめる」と称して「丸写し」していたり、学校で配られた副教材のドリル(既に学習したところで答えが記入してあるもの)の問題を(答えを隠すわけでもなく)ノートに書き写しています。

 

でも、こういうことをしている間は頭を使っているでしょうか?

答えは No だと思います。

働いているのは目と手のみ。作業と変わりません。

「勉強」に必要なのは「考える姿勢と考える力」です。

これを身に付けるには、問題を解かなくてはなりません。

もちろん、問題を解く前の段階で、学習した内容を「覚える」ことは必要で「覚える」段階では、書き写しの作業も有効でしょう。

でも、「覚えた」ことを「使って」正解を出せなくては本当に「理解した」とは言えないと思います。

 

私は自分の娘や息子には、この「自主勉」にノートには「まとめ」を書かずに、問題を解いていきなさいと言い続けました。

子供たちは、嫌がります。

なぜか・・・  時間がかかるから。 頭を使わなくてはならないから。

 

問題を解く時にも、計算式は細かく書くように指導しましたが文章題などでは問題文は書かなくてもいいからどの問題集の何ページの問題かを書いておきなさいと言っておきました。

図形の問題では、問題を解くのに必要な図形は手間を惜しまずに書くように言いましたが、そうでないものはわざわざ書かなくても良いと言いました。

そうすると、ノートのページが埋まらないので、 沢山問題を解かなくてはならないので時間がかかり、頭も使うのでかなりブーイングが多いのです。

そして手元にある問題集といえば(教室で使っている問題集は)、最初の一問目とほとんど同じやり方でそのページの最後までやれてしまうといったものではなく一問一問、微妙にやり方の違う、類題の多い問題集です。 問題を解くたびに、考えてやらないと正解が出ません。 常に頭を使わなくてはならない問題集です。

でも、勉強って本来そういうものではないでしょうか?

 

将来的に「テスト」や「受験」を考えたときに必要なのは、学んだことを使って問題を解く力だと思います。 学んだことを、その問題にフィットするように頭の中の引き出しから引っ張り出すのが考える力だと思うのです。

だから小さいうちに、勉強ってこういうもんだよって刷り込みをしておけば中学生になった時にとっても楽です。

問題を解くことに慣れているから。

機械的にやり方をはめるのではなく、その都度考える手間を惜しまないから。

考える力が身についているから、試験勉強が効率的にできるわけです。

 

まぁ、子供たちにとっては負荷が大きいと思いますので「ヤダ!」といってほかの教室に移っていく子も少なくはありませんが・・・

それでも、ちゃんとついてきてくれる子は、ちゃんとした成績を手に入れているのです。

教室生全員がオール5の成績をとる子ばかりではありません。 でも、その子なりにジリジリと力がついてくるので平均点以上取れている子が多いのです。

 

「できる」ようになるためには「考える力を身に付ける」ことが大事だということ。

そのためには 「問題をたくさん解いて、学んだことを使えるようにする」ことが大切だと思います。

 

pageback

教室リスト

  • こどもえいご 幼児・小学生
  • 学習塾 幼児・小学生
  • 学習塾 中学生

Tel:0563-73-6032/メールで問い合わせ

Information

Information

西尾市のStudio M(スタジオ・エム)は、園児~小学生向けの学習塾&子供英会話教室と、園児~中学生向けの学習塾です。

英語教室・学習塾 Studio M
〒444-0427
愛知県西尾市一色町赤羽内川4番地
●休校日 日曜日
●電話受付時間 9:00~21:00
※教室中はお電話に出ることができません。折り返しお電話させていただきますので、ご了承ください。お急ぎの方は、メールにてお問い合わせください。
  • TEL:0563-73-6032
  • メールで問い合わせ

ページの先頭へ